サポート
Support_Desk

Windows10でWindowsUpdate後からキーボードの動作がおかしい場合の回避策

release 2021.01.25 / Update

Windows10でWindowsUpdate (Version2004や20H2)以降、Microsoft IME の日本語入力を使用しているマシンでMicrosoft IME側の不具合により、CADPAC2Dの重複線消去コマンドを実行後動作が不安定になったり、矢印キー等が正しく動作しない現象が発生している様です。一時的な回避方法として、以前のバージョンの IME 方式 に戻して頂くことにより現象を解消できる場合がございます。

■回避策

  1. CADPAC等のソフトを終了します。
  2. WindowsタスクバーのIME「A」や「あ」をマウス右クリックします。
  3. ポップアップメニューより「設定」をクリックします。


    「設定」がない場合、タスクバー[スタート]をマウス右クリックし、「検索」を選択、"ここに入力して検索"に『ime』と入力し、「日本語IME設定」のメニューが出てたら、クリックします。

  4. Microsoft IMEの設定ダイアログが表示されたら、「全般」をクリックします。
  5. 「全般」を下にスクロールし「互換性」の「以前のバージョンの Microsoft IME を使う」をクリックし、IMEバージョン変更をOKします。
  6. 「以前のバージョンの Microsoft IME を使う」が『オン』に変われば設定は完了です。