CADPAC NewWorld
Product_Infomation

ダイレクト・ハイブリッド・デザイン

ヒストリや拘束条件に縛られずダイレクトに設計者の意向をモデルに反映します。

概要

開発段階で自由な発想を妨げる環境では、競争力のある製品を創ることはできません。人の創造性を最大限に発揮するためには、不要な拘束などのない、ダイレクトに設計者の意図が反映できるCADシステムこそ不可欠です。

CADPAC NewWorldは、ヒストリや拘束条件に縛られず、ダイレクトにモデルを指示し、作成・編集することができますし、(ダイレクト・モデリング)外部から読み込んだデータでもユーザの意図したフィーチャーを検出できるので、ユーザの意図に従って形状を変更することができます。(ダイレクト・フィーチャー編集)又、ワイヤー、サーフェス、ソリッドは一つの空間で混在して自由に利用できますので、その時必要な要素を取り出して、モデルを作成・修正できます。(ハイブリッド・モデリング)

ダイレクト・フィーチャー編集

CADPAC NewWorldで作成したモデルはもちろんのこと、外部から読み込んだデータに対しても、それがどのように作成されたかは関係なく、モデルの中からユーザの意図したフィーチャー(ボス、ポケット、ブレンド等)を検出し、形状を編集することができます。

フィーチャー切取

モデルから意図したフィーチャーとして認識させ別の独立した要素として取り外せます。取り外した要素は同一モデル空間に存在できます。

ダイレクト・モデリング

ヒストリーを持ったパラメトリック設計は、パラメータを変更することでモデルを変更できますが、拘束条件を満たしている必要があります。ですがそれでは結局思い通りにモデルを編集できません。CADPAC NewWorldではダイレクトに意図した箇所を編集できますので、設計者の意図を妨げることがありません。

ダイナハンドル

変更したい箇所を指示するとダイナハンドルが表示されます。形状を見ながらダイナミックに位置や角度を変更し、ユーザの意図に従って自在にモデルの形状を変更できます。

ハイブリッド・モデリング

ワイヤー・サーフェス・ソリッドという垣根を越えて、その時、必要な要素を利用して設計を進め、意図した形状を作成することができます。

モデルから輪郭抽出

モデル空間上でモデルから指定形式でワイヤー要素を抽出し、直接検討作図に利用できます。また作成したワイヤー要素でソリッドを分割して別形状にできます。