CADPAC NewWorld
Product_Infomation

コンカレント・データ・システム

製品のライフサイクルで共有できる信頼の設計データ

概要

国内外の各拠点で、設計、開発、製造、販売を展開する場合、CADデータはどうあるべきでしょうか?

3Dで設計し、それを図面に展開する従来の手法では、それぞれ個別のファイルを持つことになります。例えば、図面データとして出力されてしまえば、その図面に書かれていない情報を引き出すことはできません。各部署において必要なものがそれぞれ違っている場合、その目的に応じた情報こそが必要ではないでしょうか?

コンカレント・データ・システム(CDS)では、ダイナミック・コンカレント・デザインやハイブリッド・モデリングなどの強力な機能により、製品ライフサイクルで共通する整合性を持ったデータ(コンカレント・データ)を提供します。コンカレント・データとは、従来の設計のみで利用するデータの作成とは異なり開発、設計、製造、品質管理、保守、販売を通してそれぞれの工程で最適な情報を保持(IN)し、利用(OUT)することができる信頼の設計データです。

  • グローバルに共通する構造化された信頼のコンカレント・データ
  • 強力で柔軟な機能を提供するダイナミック・コンカレント・デザイン
  • 製品の価値を磨き、貴社の競争力を高め、新たな世界の扉を開く

それがCADPAC NewWorldが提供するこれからの新しい世界で企業が飛躍するためのCADシステムです。

コンカレント・データ

どの設計段階でもモデルとレイアウトが整合性を持っています。必要に応じてレイアウトを作成し、設計を進めていくことができます。

コンカレント・データ

モデル空間上にすべての情報が含まれていて、レイアウト上にはただ展開しているだけです。これは従来の2D設計だけではできないことです。

  • 複数の部品(パート)やレイアウトを持つことができる。
  • 基準となるモデルを変更することで、すべてのレイアウトに反映される。
  • 最小の手間で用途に合った部品やアセンブリを簡単に複数作成できる。
  • 組図、部品図という概念にとらわれずに、ユーザの意図で柔軟に参照部品参照部品への展開ができる。

ダイナミック・コンカレント・デザイン

1つのファイル上でユーザーの意図に合わせて、モデルモード・レイアウトモード・コンカレントモードを切り替えて作業できます。

ダイナミック・コンカレント・デザイン

  • レイアウトの図形情報を確認しながら、モデルモードで形状検討できます。
  • モデル情報を利用して断面図・部分詳細図等を作成できます。図面生成の段階でも問題点などが発生した場合はモデルモードで形状変更し瞬時に図面に反映できます。
  • 各ユニットでの形状変更すると、関連する全てのモデルやレイアウトにリアルタイムに反映されます。