CADPAC-CREAOTR 2D
Product_Infomation
CADPAC-CREATOR 2D 最新バージョンVer.11.5リリース
CADPAC-CREATOR2D Ver11.5

CADPAC-CREATOR 2D の最新バージョンとなるVer.11.5を2009年12月7日よりリリースしました。
CADPACフォーラムにご契約中のお客様には同日より発送を開始し、12月中にすべてのお客様に発送を完了の予定です。
本バージョンより、Windows 7に対応しました。以前のバージョンでは、Windows 7にインストールできませんのでご注意ください。(XPモードでも動作しません)
すでに保守契約が切れているお客様は、年間保守(CADPACフォーラム)に再契約いただき、最新版を入手していただけますようお願い申し上げます。

以下にVer.11.5の新機能をご紹介します。
(* 青の太線で囲われている画像は、クリックすると拡大します)

Ver11.5新機能の一覧はこちら
Ver.11.5の新機能のご紹介
  (PDF 3.2MB)

CSBから呼び出せる「よく使うコマンドリスト」
実行中の CSB のタイトル部分をマウス右クリックすると、 そのコマンドの直後に使用されたコマンドリストを参照し、 使用頻度の高いコマンドを順に表示します。 コマンドを選択すると、 選択されたコマンドが起動します。
本システムを使い込んでくると、 コマンド毎に使用頻度の高いコマンドがリスト化され、 ワンタッチで選択ができるようになります。


軸傾コマンドに「わかりやすい、見やすい」ガイドライン追加
軸傾方向を分かりやすくするために、 ガイドラインとなる矢印が表示されるようになりました。 また、実行時に回転をアニメーションで表示する設定を追加しました。


要素から最短距離を計測し寸法を作図
平行寸法に「要素モード」が追加されました。 要素モードは、 点または要素の最短距離の位置に平行寸法を作図します。


色選択ダイアログを拡張しました
汎用色選択ダイアログボックスを拡張し、 ユーザー定義色をダイアログに全表示できるようになりました。
拡張型への切り替えは、 コマンドの設定から色指定で行います。
色選択ダイアログボックスのタイトルバーを右クリックすると表示されるポップアップメニューから切り替えることができます。
ここで拡張型に変更すると、 右パネルにも反映されます。また、 最近使った色が選択可能になりました。


複写移動を高速化できる要素簡略表示
複写もしくは移動する要素の要素数が 500 を超える場合に、 ドラッグ中の要素を簡略化表示ができるようになりました。


対応する寸法変更コマンドを自動で起動
寸法を作図した後に (寸法コマンド実行中) 寸法線をクリックすると、自動で寸法変更コマンドを起動するチェックを追加しました。


寸法変更の追加作図の自由度がアップ
平行寸法の外側の引出線に追加で寸法を作図できるようになりました。


バルーンの各形状ごとに設定
バルーンの各形状ごとに外径倍率を設定できるようになりました。



グループ操作から複写、移動コマンドを起動
グループ操作コマンドで、 グループ階層のトップグループを右クリックした時に、 ポップアップメニューに 「複写」 「移動」 が追加されました。


機械オプション - 管用テーパ注釈
「管用テーパねじ」 コマンドで作成したねじ図形に、 注釈を自動表記できる新コマンドです。


機械オプション - 最新JIS対応に2種の部品が新たに対応
植込みボルト


止めねじ