CADPAC-CREAOTR 2D
Product_Infomation

壁記号

枠選択によって、指定された図形(線分、円、円弧、楕円、楕円弧)にコンクリート記号、軽量記号、ブロック記号が作図されます。


参照したい箇所をマウス左クリックすると、説明のページへジャンプします。


対象要素の指定
線分、円、円弧、楕円、楕円弧を検出する枠選択です。
使用方法は、他の枠選択CSBと変わりません。
詳細については、「枠選択」を参照して下さい。

1. 記 号
壁記号の種類を指定します。
3種類(コンクリート・軽量・ブロック)が用意されており、[↓]をマウス左ボタンでクリックすると、リストボックスが表示されます。




2. ピッチ
記号間の間隔を設定します。





ピッチがオンの時は[2.ピッチ]の値で指定範囲に一括作図します。
ピッチがオフの時は、単独配置になります。

3. 水平ピッチ
[2.ピッチ]で設定した記号間の間隔を水平間隔で作成します。

4. 垂直ピッチ
[2.ピッチ]で設定した記号間の間隔を垂直間隔で作成します。

5. 一括ラバー
オンの時、指定範囲すべてに壁記号のラバーバンドを表示させます。
マウスの動きに合わせて、ラバーバンド表示しますが、一括ラバーの表示速度は遅くなります。
オン/オフをうまく使い分けて使用して下さい。

6. 設 定
壁記号の各種設定を行います。
[6.設定]ボタンをクリックすると、「壁記号選択」が表示されます。

@

コンクリート記号、軽量記号、ブロック記号の切換ボタンです。
A

記号形状の表示欄です。
B

各記号のサイズ設定欄です。


□Pは、プロット/リアルモードの切替えです。
□部分をマウス左ボタンでクリックすると、オンになります。
プロットモードとは現在の縮尺を考慮するモードです。
例えば、1/50の図面縮尺で4(mm)と入力すれば、200(mm)で表示されることになります。
C □グループ (G)

作成する記号をグループにするかどうかを指定します。
□部分をマウス左ボタンでクリックすると、オンになります。

作成した壁記号は下記の通り、(太線部分)グループ化されます。

D □設定を保存する

各種設定を保存します。
□部分をマウス左ボタンでクリックすると、オンになります。
E
完了

各種設定値で各記号が設定されます。
F
取消

設定した値をすべて取消し、作図画面へ移行します。前回値に戻ります。
軽量記号、ブロック記号は「コンクリート記号」を参照して下さい。

[6.設定]ボタンを右クリックすると、壁記号の一覧表が表示されます。


柱、壁にコンクリート記号を一括で作図する

操作

柱、壁にコンクリート記号を一括で作図する操作手順は、次の通りです。

  1. 枠選択CSBにより、コンクリート記号を作成したい要素を指定し、壁記号CSBが表示されます。

  2. 壁記号コマンドCSBの[1.記号]プルボックスから「コンクリート」を選択します。

  3. キーボードから[2][0][0][0][リターン]と入力することにより、[2.ピッチ]ボタンをオンにします。
    ピッチボタンをオンにすると、[3.水平ピッチ]がオン、[4.垂直ピッチ][5.一括ラバー]の各ボタンが使用可能になります。

  4. [6.設定]ボタンをクリックし、コンクリート記号設定を表示させます。各項目を設定します。

    角度 [4][5]
    間隔 [2] □P(プロットオン)

    各項目の設定が終了したら、[完了]ボタンを押します。

  5. マウスの動きに合わせて、ラバーバンド表示されます。
    ここで、指定範囲すべてにラバーバンドを表示したい時は、[5.一括ラバー]をオンにします。

  6. 配置点を指定すると、壁記号(コンクリート)が作成されます。