サポート
Support_Desk

CADPAC-CREATOR 3D Ver.10.0が、「DCプラグイン1のインストール」により、Symantec社製アンチウイルスソフトによって、「kc.exe」がウイルスとして誤検出してしまう問題
Updated 2011.9.28
SymantecのアンチウィルスソフトでCADPAC-CREATOR 3D Ver.10.0+DCプラグインをインストール後に実行しようとすると、インストールフォルダ内ファイル「kc.exe」がウイルスとして誤って認識、隔離されてしまう現象が発生する場合があります。 Symantecのアンチウィルスソフトをご利用のお客様でCADPAC-CREATOR 3D Ver.10.0が起動しなくなってしまった方は以下の手順ををお試しください。

■製品名,NortonAntivirus2011(個人向けアンチウイルスソフト)の場合

・隔離されたファイルを元に戻す方法
  1. Norton 2011 製品を起動する。
  2. [コンピュータ保護] セクションで、[検疫] をクリックする。
  3. [セキュリティ履歴] ウィンドウの [検疫] 表示で、リストにあるkc.exeを選択し、[復元]を実行する。
  4. [オプション]をクリックする。
  5. [脅威を検出しました] ウィンドウで、[このファイルを復元] をクリックする。
  6. [検疫の復元] ウィンドウで、[はい] をクリックする。
  7. [閉じる] をクリックする。
・監視から除外する方法
  1. Norton 2011 製品を起動する。
  2. [設定]をクリックする。
  3. コンピュータの[設定]のタブをクリックする。
  4. ウィルス対策とSONARの[除外項目]へすすむ。
  5. スキャンから除外する項目の[設定[+]] をクリックする。
  6. [追加]ボタンをクリックする。
  7. CADPACのインストールフォルダを除外対象として指定する。
  8. 項目の追加と表示されているポップアップウインドウで[OK]をクリックする。
  9. スキャンの除外と表示されているポップアップウインドウで[OK]をクリックする。
■製品名,SymantecEndpointProtection(企業・法人向けアンチウイルスソフト)の場合

・隔離されたファイルを元に戻し、隔離対象から除外する方法
  1. Symantec Endpoint Protectionのダイアログを表示させる。
  2. 左メニューの「検疫の表示」を選択する。
  3. リストにあるkc.exeを選択し、[復元]を実行する。
  4. 復元の実行確認ダイアログボックスが表示されるので「はい」を選択する。
  5. 続いて除外項目作成確認ダイアログボックスが表示される。「はい」を選択すると「kc.exe」が隔離対象から除外される。
・「設定の変更」から監視対象外にする方法
  1. Symantec Endpoint Protectionのダイアログを表示させる。
  2. 左メニューの「設定の変更」を選択する。
  3. 集中例外の「オプションの設定」を選択する。
  4. [追加]にてkc.exeもしくは弊社2DCAD製品のセットアップフォルダ自体を指定する。

Symantec社製アンチウイルスソフトによる問題
Updated 2011.9.6
Symantecのアンチウィルスソフトの誤検知によって弊社2DCAD製品が起動しなくなる問題は、9月5日に更新されたアンチウイルスソフト向けパターンファイルにより対応されました。

Symantec社製アンチウイルスソフトによる、弊社2DCAD製品内ファイルをウイルスとして誤検出してしまう問題
Updated 2011.9.5
Symantecのアンチウィルスソフトで弊社2DCAD製品(CADPAC-CREATOR 2D、CADPAC-CIVIL、CADPAC-DUO、CADPAC-PRINT、nicocad)インストールフォルダ内ファイル「Secdl.dll」がウイルスとして誤って認識、隔離されてしまう現象が起きています。
Symantecのアンチウィルスソフトをご利用のお客様で近日弊社2DCAD製品が起動しなくなってしまった方は以下の手順のうちどちらかををお試しください。

アップデートによるエラー回避方法(CADPAC-CREATOR 2Dのみ)

Symantec製品の隔離対象となってしまうファイルの問題箇所を修正致しました。 以下のリンクよりインストールいただくことで、問題のファイル(Secdl.dll)が差し替わり、 Symantec製品が起動していても正常に起動することが出来ます。 以下のファイルをダウンロードし、インストールをお試しください。 また、バージョンによってインストールするファイルが異なりますので、CADPAC-CREATOR 2Dのバージョンをご確認のうえお間違いのないようお願いします。

ダウンロード

■CADPAC-CREATOR 2D Ver.13.0用ファイル
ダウンロード cr2d1300_secdl.exe 323KB 

■CADPAC-CREATOR 2D Ver.12.0、12.5用ファイル
ダウンロード cr2d12_secdl.exe 323kB 

■CADPAC-CREATOR 2D Ver.11.0、11.5用ファイル

ダウンロード cr2d11_secdl.exe 323kB 

ダウンロードファイルの使用方法
  1. ダウンロードしたファイルを実行すると以下のダイアログが開きます。


  2. [インストール先変更]を選択し、更新を行うCADPACの実行EXEファイルを指定します。


  3. [実行]をクリックし、更新を適用します。


Symantec社製アンチウイルスソフトの設定変更によるエラー回避方法

■製品名,NortonAntivirus2011(個人向けアンチウイルスソフト)の場合

・隔離されたファイルを元に戻す方法
  1. Norton 2011 製品を起動する。
  2. [コンピュータ保護] セクションで、[検疫] をクリックする。
  3. [セキュリティ履歴] ウィンドウの [検疫] 表示で、リストにあるsecdl.dllを選択し、[復元]を実行する。
  4. [オプション]をクリックする。
  5. [脅威を検出しました] ウィンドウで、[このファイルを復元] をクリックする。
  6. [検疫の復元] ウィンドウで、[はい] をクリックする。
  7. [閉じる] をクリックする。
・監視から除外する方法
  1. Norton 2011 製品を起動する。
  2. [設定]をクリックする。
  3. コンピュータの[設定]のタブをクリックする。
  4. ウィルス対策とSONARの[除外項目]へすすむ。
  5. スキャンから除外する項目の[設定[+]] をクリックする。
  6. [追加]ボタンをクリックする。
  7. CADPACのインストールフォルダを除外対象として指定する。
  8. 項目の追加と表示されているポップアップウインドウで[OK]をクリックする。
  9. スキャンの除外と表示されているポップアップウインドウで[OK]をクリックする。
■製品名,SymantecEndpointProtection(企業・法人向けアンチウイルスソフト)の場合

・隔離されたファイルを元に戻す方法
  1. Symantec Endpoint Protectionのダイアログを表示させる。
  2. 左メニューの「検疫の表示」を選択する。
  3. リストにあるsecdl.dllを選択し、[復元]を実行する。
・監視から除外する方法
  1. Symantec Endpoint Protectionのダイアログを表示させる。
  2. 左メニューの「設定の変更」を選択する。
  3. 集中例外の「オプションの設定」を選択する。
  4. [追加]にてseldl.dllもしくは弊社2DCAD製品のセットアップフォルダ自体を指定する。


アンチウィルスソフトによるCADPACの起動制限
Updated 2009.10.5

設計作業で使用するPCには、ほとんどにアンチウィルスソフトがインストールされているのではないでしょうか。このアンチウィルスソフトは毎日のようにファイルが更新され、ウィルス対策が日々強化されています。

テクニカルサポートセンターには、最近、アンチウィルスソフトによるCADPACの起動制限に関する数件のお問い合わせがありました。

【ケース_1】

現象 CADPACを手順に従って新規インストールしてもCADPACが起動してこない・・・・
ある日突然、CADPACが起動しなくなった・・・
対処 上記のような場合、アンチウィルスソフトの実行をいったん停止して、CADPACを起動してみてください。これでCADPACが起動すれば、アンチウィルスソフトがCADPACの起動を制限しています。

ほとんどのアンチウィルスソフトには、監視しないフォルダを設定できますので、CADPACがインストールされているフォルダを監視対象外として、セキュリティを解除してください。

【ケース_2】

現象 CADPACを起動したら、アンチウィルスソフトがCADPAC.EXEを問題ファイルと勘違いし隔離してしまった。
対処 このような状態になった時には、

 1.アンチウィルスソフト側で設定した問題ファイルの隔離先から、CADPAC.EXEを元に戻す。
 2.CADPACのインストールフォルダをアンチウィルスソフトの監視下から除外する。