CADPAC-CREAOTR
Product_Infomation

2次元と3次元を統合したCADPACと機械図面の位置付け

昨今、製造業における3次元CADの使用は定着しつつあります。手探りで使用してきた状態から本格稼動の段階へと ステップアップされているユーザーが多いのではないでしょうか。 または、手探り状態で導入した3次元CADに対して、再度使用目的にあったツールを見直しているといったケースも多くあると思われます。

機械加工における図面の重要性
それでは、2次元CADはもう時代遅れなのでしょうか?実際には3次元CADの定着が進む中において、2次元CADを捨ててしまったわけではなく、 CADPAC-CREATOR2DとCADPAC-CREATOR3Dを併用されているユーザーが多くあります。 これは、日本の製造業の中で機械部品を加工していく上では図面の存在が欠かせないものであり、 図面を作成するツールとしては3次元CADよりも2次元CADの方が優れていることが多いからです。
では、なぜ図面が必要になるのでしょうか?
機械部品を加工する為には、その部品の精度や表面の仕上げ状態をどうすれば良いかなど、外形寸法以外の情報がたくさん必要になります。 加工現場では、その情報を3次元形状からだけでは読み取ることはできず、 図面の中に記載されている注記、仕上げ記号、寸法公差などから読み取って加工するので図面は欠かせない存在となります。 むしろ加工現場にとっては、3次元形状は図面を正しく読み取る為の補足と言ってもいいのかもしれません。(図1参照)

図1.機械加工における図面の必要性
図1.機械加工における図面の必要性

2次元CADの図面作成機能を利用する
図面を作成する機能は、CADPAC-CREATOR3Dにもあるわけですが、なぜ3次元CADの図面作成機能だけでは満足できないユーザーが多いのでしょうか?
もちろん、3次元CADよりも2次元CADの方が操作的に慣れているということもありますし、作図という概念からすれば、 手書き(製図版)の時代も含めて長く親しんできた手法だからかもしれません。
3次元CADの場合の多くは、図面を作成するという感覚よりも3次元モデルを正面・平面・側面から投影して表示するという感覚になります。 3次元モデルを作成してしまえば、いわゆる三面図は既に作成終了となります。当然3次元モデルを編集すればそれを投影している三面図も連動して編集されます。
CADによっては、三面図側での編集によって3次元モデルが連動して編集できるものもあります。 これならば、図面作成においても3次元CADの方が2次元CADよりも数段進化しているように思われます。 しかしながら、ここでは三面図の外形形状だけが作成されるのであって、加工する為の情報が記載された詳細図面にはなっていません。 その後の図面仕上げの作業に対して、作図をするという感覚が無いところに大きな違和感を持たれるユーザーが少なくありません。
設計/開発をしていく上では、3次元化することによってミスを減らすことができるわけですが、 CADにおける図面作成機能が充実していなければ設計者のトータル工数を減らすことができないということになります。
では、図面仕上げにおける作図感覚、CADPAC-CREATOR2Dの優位性とは具体的にどんなところなのでしょう?
図面を作成するときには、(JIS規格の場合)A0・A1・A2・A3・A4といった用紙サイズによって作図できるスペースが限られます。 更にここへ尺度を与えながら寸法や仕上げ記号を作図していく必要があります。場合によっては図形を省略して作図・表記することも必要となります。
例えば、長い品物の場合には用紙サイズに収める為に中間部を破断線で描いて省略することがあります。 また、対称図形などの場合も対称中心線に対して片側を省略することがあります。(図2参照)

図2.図面の省略例
図2.図面の省略例

3次元CADにおける三面図の場合には、基本的に実物を投影したかたちになりますので、図形の省略という概念が難しくなります。 ある程度対応できているCADもありますが、思い通りにすべてというところまではいかないのが現状です。
その他の例として、断面図を作図する際にはその切断面のみ表記させたいところですが、3次元モデルの投影をした場合には、 切断面だけでなく奥側にあるボス形状などもすべて表示されてしまいます。それによって肝心な断面の形状や寸法指示などがわかりにくくなってしまいがちです。(図3参照)

図3.切断面の形状のみを表記
図3.切断面の形状のみを表記

そして省略した図形や断面図などでは、その形状の作図(破断線や切断線の作図など)の機能だけでなく、 多様な寸法記入方法や寸法編集機能も要求されてきます。3次元CADでは、結果的に寸法記入されていれば良い(寸法値がわかれば良い)という方向性が強く、 寸法記入の種類などに不満が残るものも多くあります。
また、図形の省略とは意味合いが異なりますが、ボルトやタップ穴、バネ、ベアリングなどのような規格品は実物の形状を投影したものではなく図面の中で 省略化された表記になるので3次元形状との兼ね合いがやはり難しくなります。(図4参照)

図4.3次元形状と図面表記の違い
図4.3次元形状と図面表記の違い

前のページへ 1|2 次のページへ