CADPAC-CREAOTR 2D
Product_Infomation

機械図面の作成時間を大幅に短縮! - 機械オプション

機械設計を支援する多彩なコマンド群 パーツ作図後の編集も可能
バルーンと部品表の連動 ビジュアルで分かりやすく詳細な設定

機械オプションは、CADPAC-CREATOR 2Dの機械設計を支援する専用オプションです。

* 機械オプションは、CADPAC-CREATOR メカニカルCADPAC-CREATOR スタンダードに標準装備

機械設計用で多用するJIS規格部品(ボルト・ナット、止め輪、平歯車、バネなど)や、使用頻度の高い機械形状(キー溝、長穴、シャフトなど)をワンタッチで作図・編集します。

バルーンと部品表の連動、ネジや購入部品を管理する部品台帳、断面2次や慣性モーメントを求める解析やベルトシミュレーションなど、機械設計に欠かせないコマンドが多数用意されています。 CADPAC-CREATOR 2Dと機械オプションがあれば、機械設計の効率は大幅にアップします。


■ JIS規格部品

機械設計で頻繁に使用するボルトやナット、ネジ類などのJIS規格部品をパラメータ入力だけのワンタッチで作図します。作図後のサイズの変更も可能。

作図されたパーツは、詳細な属性情報を持ち、注釈文字列として利用したり、バルーンと部品表に連動し、機械設計の効率が大幅にアップします。  【部品一覧】
JIS機械部品

■ 機械記号

機械設計で用いる仕上げ記号、表面性状、溶接記号、データム、幾何公差などを簡単にしかもユーザーバリエーションに応じて作図。
仕様変更にともなう後からの変更もできます。  【記号一覧】
機械記号

■ バルーンと部品表連動

部品を指示してバルーンを作図すると同時に、部品表を自動作成。
部品名も属性から自動取得。バルーンと部品表が完全に一体化して、抜け落ちなどのミスがなくなります。作成された部品表はCSVファイルにも出力できます。
バルーンと部品欄連動

■ 機械形状

キー溝、長穴、シャフト、スリット形状、カム曲線、逃げコーナーなど機械設計で多用する形状を簡単な設定だけで、ワンタッチで作図します。  【機械形状一覧】
機械形状

■ 機械注釈

タップや穴、ざぐりなどを作図すると、要素の属性情報から個数や大きさを自動取得して即座に注釈を記入。また、座標位置を一覧表にして作表することができます。  【機械注釈一覧】
機械注釈

■ 再利用 タップ変換 / 穴再生

平面図に作図されたボルトや小ねじ類の上面図をタップに自動変換します。組図からバラシを行い、部品図へ展開する際にワンタッチでタップに変換することができ効果的です。
また、外部ファイルから変換された図面でも、円を穴属性(タップ、深ざぐり、皿ざぐり)に変更できます。  【穴形状一覧】
再利用 タップ変換 / 穴再生

■ 機械設計支援

作図された図形から、断面2次モーメントや慣性モーメントを計算します。
また、回転体の質量や体積を求めることもできます。ベルトシミュレーションではプーリーのサイズやベルト長の適正値をビジュアルに確認しながら確認可能です。  【機械設計支援一覧】
機械設計支援


機械オプション価格
機械オプション \ 250,000-  (税抜き価格)


機械オプション機能一覧
クリックすると詳細な機能が表示されます。