CADPAC-CREAOTR 2D
Product_Infomation
機械設計のプロも納得 設計を熟知した操作性と機能を満載
ユーザー CADPACは1983年のリリース以来、一貫して製造業を主ターゲットとして多くのユーザー様に使われてきました。 年ごとにお客様の要望にお応えしたバーションアップを行い、機械設計のプロの設計者の皆様からも太鼓判を押されるNo.1 CADとして使用されています。

CADPAC-CREATOR 2Dでは、設計すると同時に、図面から部品の拾い出しを行い、集計・作表。1枚の図面に関連図面を同時に抱えるバインダー機能など、他社にない優れた機能が満載。
セキュリティロック付き捺印機能も搭載。大事な図面の管理も安心です。

豊富なCADデータのダイレクト変換を標準装備
CADPAC-CREATOR 2Dは、現在市販されている製造系CADの多くを標準サポートしており、ほとんどのCADとダイレクトなデータ交換が可能です。他社CADからの乗り換えも迅速に移行できます。
データ交換
  • AutoCAD(DXF/DWG), MicroCADAM, CADSUPER, ME10, JW-CAD, IGES, SXFなど2次元CADとして使用されている主要なソフトに対応。すべて標準装備です。
  • 変換は、1枚でもフォルダ単位で一括で変換も可能。大量のファイルがあってもワンタッチ変換ができます。
  • 読み込んだ2次元図面は、強力な2次元編集機能で修正自在。それを元に、CREATOR 3Dへスケッチとして転送し、3次元モデルの作成も容易です。

思考を中断しない操作性 - CSB という新しい発想
複数の入力操作を同時に受け付けるコマンド群により簡潔なオペレーションを実現。 従来の数値入力や図形要素指定いずれか一方に限定されていた入力方式に比べ、格段に操作の自由度が向上しました。
また、ユーザーは自分の目的とする入力(例えば、パラメータ入力や図形要素指定)を順序を考慮することなく選択できるため、多様な機能を簡潔に利用できます。

CSB(コマンド・サブ・ボックス)

コマンド毎に専用の小ウィンドウ(CSB=コマンド・サブ・ボックス)がオープンします。
このCSBはマウスでもキーボードからでも自由に操作することができ、機能の選択や数値入力の他に、 過去の使用値の保存や画面上の図形の計測機能など多彩な機能を凝集したものです。
多機能かつ省操作、そして短期修得を可能にするまったく新しい概念です。

無制限マルチ図面
同時にオープンする図面枚数や図面一枚当りの要素数に制限はありません。
数万要素に及ぶ巨大な図面を複数枚、各ウィンドウに表示して同時に処理することができます。 既存図面の流用設計に最も効果を発揮するCADの特徴から考えても、極めて重要な機能です。

マルチ図面

CADデータベースと連携した部品情報の集計・作表・出力機能
CADPAC-CREATOR 2Dでは、設計者が装置や機械の設計時に部品を作図することによって、 部品の各種情報(ネジであればネジ種類、呼び径、長さ、材質等。コンポーネントであればメーカー名、型番、価格等)がCADデータに保存されます。
装置・機械の設計図面は複数枚の図面から構成されますが、CADPAC-CREATOR 2Dでは関連する複数の図面データから部品データを横断的に収集し、その数量を算出したり、 部品ごとの詳細情報を明示する構成部品リストデータを生成します。
収集・生成された構成部品リストデータを基に、「構成部品一覧表」を出力することができます。
設計者はCAD図面に作図された内容から、調達すべき部品明細や製造コストの検討・在庫確認を行うことができます。 部品リストとの整合性は自動チェックされ、不整合が発見された場合には設計者に対処を指示する機能を備えており、設計者は購買部門への調達物品発注指示所を誤りなく行うことができます。
「構成部品一覧表」はCSV形式でも出力でき、在庫管理システムや生産管理システムとの連携も可能です。

台帳出力