CADPAC-CREAOTR 2D
Product_Infomation
CADPAC-CREATOR 2D オートデモ
2分〜5分の動画と音声でわかりやすくCADPAC 2Dの機能を紹介します。
※オートデモを見るには、1024×768ドット以上の解像度が必要です。

内 容 詳 細 YouTUBEで見る MP4ダウンロード
#01 図面を開く 保存された図面を開くのダイアログボックスから指定します。 youtube mp4 27MB
#02 部品のばらし 組図から部品図へのばらし方。隠線パーツ、自動寸法、図枠の機能も活用します。 youtube mp4 76MB
#03 ハイパーリンク 図面の要素にハイパーリンクし、他の図面やホームページ、さらに関連ファイル(Office文書や写真)を開くように設定できます。また現在の図面を直ちにメール転送を行うことも可能です。 youtube mp4 49MB
#04 部品台帳 従来の集計コマンドが部品個々に属性を定義集計するのに対し、図面に属性として部品の品名や数量等を定義し集計するのが部品台帳です。従来の煩雑な部品属性の定義の入力作業が簡素化され、最小限の作業にて部品の集計作業が実行できます。 youtube mp4 65MB
#05 CSB CSBは、コマンドサブボックス(Command Sub Box)の頭文字で、CADPACのコマンド実行時の特徴的な機能です。CSBは、従来のコマンド体系にある一定の手順や分岐操作をすることなく、割り込み自在で使いたい機能を直ちに使用できる直感的な操作を実現しています。またCSBの基本操作はどのコマンドでも同じなので、操作の習得も楽に行えます。 youtube mp4 39MB
#06 コマンド選択の方法 CADは頻繁にコマンドを切り替えるため、コマンド起動の選択肢が多ければ図面作成の時間は大幅に短縮されます。CADPACは、コマンド起動の選択肢が多いという点では類をみないCADです。プルダウンメニュー、アイコンツールバーはもとより、ダイレクトキー、世界特許取得のオブジェクトコマンド、テンキーコマンド、前回コマンド、マウスアクションコマンド、ニュートラルモードのコマンド起動、統計コマンドなどバリエーション豊富で、必要な機能をすぐに使うことができます。 youtube mp4 99MB
#07 隠線パーツ 隠線パーツは、図形に上下関係の設定を行い、下に隠れた部分の要素を非表示にする機能です。隠線部分の表示形態は、@完全に非表示にする A重なった部分を他の線種で表示するの設定を行うことができます。隠線パーツを削除したり移動すれば、隠れていた要素は再度表示され、部品図へのバラシの際など便利です。 youtube mp4 59MB
#08 自動寸法 自動寸法は、ほとんどの寸法作図と変更を1回の操作で実行できる便利なコマンドです。操作は簡単。寸法を作図したい部分を枠で囲うだけ。端点から必要な寸法が生成されます。あっという間に寸法作図が完成。寸法線をマウス左クリックすると、寸法変更機能が起動し寸法線の追加や削除が指定できます。 youtube mp4 67MB
#09 右パネルとツールバー パネルメニューとアイコンツールバーはCADPACの操作性を印象づける特徴的な機能です。パネルメニューは、線スタイル、文字スタイル、レイヤースタイル、モード設定と図面編集からなり、割り込み自在で各種スタイルを変更できます。アイコンツールバーは、イメージだけでなく文字による表示や、右ボタンでグループメニューを表示し、他の関連するコマンドを直ちに選択できます。 youtube mp4 17MB
#010 図枠 図枠は、図面に対し定型の図面枠を作図する機能です。用紙サイズや図面の種類ごとに専用の図枠(図面枠)を用意することで、いつでもワンタッチで使用することができます。図枠の設定では、所定の位置に文字を作図する機能とその文字を取り込む機能が付加されています。図面属性とダイレクトに連携します。 youtube mp4 71MB
#11 高速応答性 CADはすべてのシーンで軽快な応答性が要求されます。CADPACは、表示・入出力・編集作業などあらゆる面で高い応答性を実現し、設計作業のストレスを感じさせません。 youtube mp4 54MB
#12 マルチ図面 CADPACは図面を何枚でも同時に開くことができます。そしてすべての図面間で、移動や複写などの相互の編集が可能です。他図面から流用や参照を行い、目的の図面を短時間で作成することができます。 youtube mp4 33MB
#13 レイヤー機能 CADPACではレイヤーに分けて左図された要素は、レイヤー分解機能でビジュアルに要素を確認しながら編集作業を行うことができます。また基本縮尺とは別に各レイヤーに個別の縮尺を与え作図することもできます。 youtube mp4 42MB
#14 ハッチング 入り組んだ形状の図形に、CADPACでは[中指定]モード一発でハッチングがかけられます。またハッチングをかけた後に、変形などの編集作業を行ってもハッチングは追随します。パターンハッチングでは、予め登録されている図形やユーザーが定義した図形からハッチングを作図します。 youtube mp4 50MB
#15 文字 CADPACの文字入力機能は多彩です。シーンに応じた多彩な入力モードを持ち、設計作業を効率化します。 youtube mp4 55MB
#16 マウスグリッド マウスグリッド機能を使用すると、グリッド上に点が指定されるのでテンキーから数値入力する必要はありません。簡単な図形ならばマウスだけで作図が可能です。 youtube mp4 22MB
#17 図面検索 図面ファイルがたまってくると、目的の図面を探し出すのが大変になります。CADPACでは標準で図面検索機能が用意されており、図面属性の各項目から目的の図面を瞬時に検索します。また図面に作図された文字列から図面を探す全文検索機能も標準装備されています。 youtube mp4 28MB
#18 機械オプション 機械設計をする上で必須な専用機能(オプション)です。機械記号、機械定型、機械設計、機械計測、部品台帳のグループからなり、総数は90コマンド以上あります。JIS規格の改定には迅速に対応。 youtube mp4 34MB
#19 建築専用機能 CADPACには建築専用機能が標準で搭載されています。建築製図に必須な柱や通り芯、建具類などをあらかじめ用意して建築設計を支援します。 youtube mp4 89MB

* mp4のデータは、マウス右ボタンでファイルをダウンロードの上、ご覧ください。