CADPACフォーラム
forum
CADPACの開発コンセプト
いつもCADPACをご利用いただきありがとうございます。
CADPACは、ユーザーの皆様の設計業務を省力化し、使いやすく高機能な設計ツールの継続的な提供を念頭におき、製品開発を進めております。
今後は、益々高まる取引先とのCADデータでのやり取りの要求に応えるため、外部データの入出力機能をさらに強化すると共に、 セキュリティ機能などにも着目し、時代と共に要求される皆様のニーズに最適な機能を提供してまいります。
2016年10月
株式会社デザイン・クリエィション


CADPAC-CREATOR 2Dのリリース実績と今後のリリース予定
リリース予定日程

今後に向けたCADPACの開発項目 Ver.19.0以降の予定機能や調査項目
  • 新OSへの迅速な対応
  • 2D3D連携の強化
  • 図面管理システムとの連携の強化
  • 処理速度高速化(表示、入出力、各コマンド)への継続的な取り組み
  • 海外との図面やりとりのため、UNICODE(多言語)化
  • 2K以上のモニター対応への継続的な取り組み(大きなアイコンやパネルなど)
  • DXF/DWG入出力 の互換性のアップ
  • 右パネルの操作性改善と拡張
  • 既存コマンドの操作性向上と要望の多い新機能コマンドの追加
  • グループ、参照部品、埋込部品などのCSV出力
  • 機械オプション 各パーツの最新JIS対応
  • JIS機械パーツ 部品ライブラリを拡張
  • 土木建築系CALS/EC電子納品SXFファイル入出力の機能アップ


実装された機能の一部をご案内 Ver.12.5 〜 Ver.18.5
  • 2D/3D InterFace連携強化 Ver.18.5
  • 雲形コマンドの追加 Ver.18.5
  • SXFファイルzip圧縮 Ver.18.5
  • ファイン表示の高速化 Ver.18.5
  • マウスアクション3D互換 Ver.18.5
  • SXFファイルzip圧縮 Ver.18.5
  • Windows 10対応 Ver.18.0
  • 出図プレビューのズーム対応 Ver.18.0
  • DXF/DWG 入出力強化 Ver.18.0
  • 六角ボルト新JIS対応 Ver.18.0
  • 計測系コマンドで計測値をクリップボードに転送できるようにする Ver.16.5
  • 吹き出しに塗潰しができるようにする Ver.16.0
  • DXF/DWG入力で、元ファイルのレイアウト空間に縮尺 (AutoCADのレイアウト設定で使用される 「印刷尺度」) と用紙サイズが入力されている場合、その情報を取り込んで読み込むようにする Ver.16.5
  • 図面開くの [一覧] ボタンで表示されるダイアログボックスを可変長にする Ver.16.5
  • JIS2010に対応した新しい溶接記号コマンドを追加する Ver.16.5
  • 皿ボルト用ざぐりを追加する Ver.16.5
  • JIS機械パーツの「設計資料」を汎用機能として使えるにする Ver.16.5
  • 配置済みの六角ボルト、CAPボルト、ナットを一括で変更できるようする Ver.16.5
  • 皿ボルトに他の機械要素から 「径を取得」 し反映ができるようにする Ver.16.5
  • 64ビットネイティブ対応 Ver.16.0
  • Windows 8.1 対応 Ver.16.0
  • IMGPrinter2で、PDF やTIFF の出力後に保存先フォルダを開き、規定のビューアを起動する設定を追加する Ver.16.0
  • 定座標ツールバーにある単位(距離、角度、桁数) の設定を、システム設定の全般で指定できるように変更する Ver.16.0
  • 非表示レイヤーをレイヤーハイライト表示にした時、端交点のみ検出できるモードを設定に追加する Ver.16.0
  • マウスホイールの機能で、現在の上下スクロールを常時ズームインアウトに変更する機能を設定に追加する Ver.16.0
  • カラーラスター(ライト) オプションのラスターデータを貼り付けた図面をDXF/DWG 出力やJW出力できるようにする Ver.16.0
  • 文字置換と文字列編集で、置換側にNULL を指定できるようにする Ver.16.0
  • JIS B 0051規格の「エッジ記号」を作図する機能を追加する Ver.16.0
  • JIS B 1179規格の「皿ボルト(M10 〜 M36)」を作図する機能を追加する Ver.16.0
  • アンドロイド端末でCADPAC 図面の閲覧と計測 Ver.16.0
  • PDF ファイルを読み込み、図面に取り込めるようにする Ver.15.5
  • 円寸法の弧長寸法で、補助記号の円弧を寸法値の前に付けるモードを追加する Ver.15.5
  • タップ、穴、ドリル穴、深ざぐり、皿ざぐりにJIS2010 年改正版に対応した注釈を作図する2010注釈を追加する Ver.15.5
  • Windows 8 対応 Ver.15.0
  • iPad(タブレット)でCADPAC 図面の閲覧と計測 Ver.15.0
  • AutoCAD 2013 の入出力対応 Ver.15.0
  • 図面属性一括変更 Ver.15.0
  • 新規シート作成で挿入する位置を指定 Ver.15.0
  • 最近開いたファイルで参照モードでも開けるようにする Ver.15.0
  • PDF 出力でラスタライズして出力(IMGprinter) Ver.15.0
  • バルーンの番号で「参照」を追加 Ver.15.0
  • タップ注釈、穴注釈、深ざぐり注釈、皿ざぐり注釈のJIS2010 対応 Ver.15.0
  • 穴変換(タップ変換)でボルトやねじをタップ、穴に一括変換 (機械op) Ver.15.0
  • ナット作成時に領域に隠線処理を行う (機械op) Ver.15.0
  • 距離計測、面積計測でXY 異縮尺を指定して計測 Ver.15.0
  • 土木補助記号の法面B で円弧−円弧での角度切り替え Ver.15.0
  • DXF/DWG 入出力 ラスター対応。(CADPAC 側はXCDF 要素として)Ver.14.5
  • 外部データ貼り付け PDF の対応。(外部貼り付けOp) Ver.14.5
  • テキスト転送 レイヤー毎に分けて出力。Ver.14.5
  • Excel 連動で円の半径/直径も入出力できるようにし、スプラインの作図にも対応。Ver.14.5
  • IMGPrinter2 Office2010 対応。Ver.14.5
  • 環境設定で保存時にメモ機能を追加。Ver.14.5
  • 表作成で空白の表を作成できるよう拡張。Ver.14.5
  • 文字置換で同一文字への複数置換。Ver.14.5
  • 注釈で複数段を作図する際の行間隔の設定を追加。Ver.14.5
  • 接頭語を一括で付加する時は角度寸法には□やΦを付加しない。Ver.14.5
  • SXF 部分図と基本図間で移動・複写コマンド対応。Ver.14.5
  • めねじコマンド めねじ(ヌスミにも対応)の作図(機械Op)。 Ver.14.5
  • シャフトねじ ヌスミの作図ができるよう拡張(機械Op)。 Ver.14.5
  • 移動・複写のドラッグモードが大幅に高速化た。Ver.14.0
  • EXCEL からテキストデータを取り込み作表する機能を追加。Ver.14.0
  • キー定義で定義ファイルの保存・呼び出し機能、小文字キー定義も追加。Ver.14.0
  • QR コードをイメージで生成し、図面に貼り付けるコマンドを追加。(機械Op)Ver.14.0
  • 部品台帳/台帳出力 ファイル単位の集計モード。各ファイルごとにCSV 出力(機械Op)Ver.14.0
  • 付箋があると、タイトルバーに付箋マーカーを表示する機能を追加。Ver.13.5
  • 穴作図、タップ、ドリル穴、深ざぐり、皿ざぐりの穴種類と呼び径を取得し、側面図に穴またはねじ 穴の上面または下面を作図する機能を追加。Ver.13.5
  • 付箋メモ機能(メモ貼り付け機能、予定日のアラーム)を追加。Ver.12.5
  • 軸傾で任意の角度指定や前回角度で傾けられるように拡張。Ver.12.5
  • 重複線消去で誤差値に0.05 以上の値も設定できるように拡張。Ver.12.5
  • 機械オプションでボルトやタップの呼び長を自動算出するように拡張。Ver.12.5