2009/12/24
--------------------------------------------------------------------------------------- CADPAC-CREATOR 2D Ver11.50.2.0 修正内容一覧 --------------------------------------------------------------------------------------- ★★ 作図機能 --------------------------------------------------------------------------------------- 閉じる システム設定/検出/リンク検出モードONの時、別図面に複写し、図面を閉じると強制終了する。 表示速度優先モード 要素別表示設定が正しく反映されない。 別図面に移動すると移動元に表示が残る。 線円スタイルコマンドの枠選択CSBでハッチングを選択後、線円スタイルダイアログで ESCや取消を選択し、枠選択CSBに戻るとハッチングが赤変したまま残る。 表示 要素を複数回複写し、UNDOしても要素表示が消えない。 省メモリ優先の時、システム設定/色彩/色彩設定/検出色1の設定を赤色以外に設定しても CADPACを再起動すると赤色で検出検出される。 ウィンドウ Ctrlキーを押しながら図面ウィンドウのタイトルバーを右クリックすると強制終了する。 ツールビュー ツールビューのプレビュー画面で割付ブロック:1の割付番号:10を選択すると、割付番 号:20の画面になる。 バインダー/シート シート名タグ色を変更後、システム設定でシート名に関わる変更をするとタグ色が元に戻る。 表示 シートを切り替えた後にスクロールバーを動かすとしてスクロール位置がずれる場合がある。 出図 日付詳細設定の「原点からの距離」を設定してもプレビューに反映されない。 平行寸法 逐次モードの時、連続で寸法を記入すると、2つ目の寸法値が1つ目の始点からの距離になる。 寸法変更 矢線高変更すると引出線が抜ける場合がある。 外側の引出線に寸法を追加する。 変形 特定のB-スプラインを変形すると強制終了する。 ハッチングの変形が正常に処理されない場合がある。 複写 CSBの[7.継続]ONで複写した要素上をカーソルが通過すると、ハイライトされたまま解除されない。 ★★ 機械オプション --------------------------------------------------------------------------------------- 皿ざぐり注釈でCSBに検出径入力後、[5.枠選択]をONにしないと選択できない。 穴注釈、深ざぐり注釈で存在しない径を検出径に入力して枠選択すると強制終了する。 タップ注釈で検出径に存在しない径を入力し枠選択後、右クリックで解除しないと次の操作ができない。 ★★ SWインターフェース --------------------------------------------------------------------------------------- SolidWorks 2010へスケッチを送ろうとすると「SolidWorks2003以降をお使い下さい」と エラーメッセージが表示される。
2009.12.24 DESIGN CREATION INC. All rights reserved.